スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルヘルス ブログランキングへ

好きな人とさよならをしてきました。

5年間思い続けていた人にもう会わないことを伝えてきた。理由は僕が躁うつ病のために結婚をあきらめたから。

今日別れたときはそれ程でもなかった悲しみが、時間と共に
増幅してきました。記憶がなくなるくらいお酒を飲みたい。
大好きなウォッカの「ズブロッカ」を飲み干したい。赤ワインを
1本空けたい。そしてお酒を吐いて、悲しみも一緒に吐き出したい。
でもおおっぴらには飲めない。一緒に住んでる母が心配する。
寝逃げの時に飲むお酒は、近くのコンビニに行って、その外で
飲んで家に帰って寝る。その程度の量じゃ今の気分を晴らすのに
全然足りない。

2年前に正式に振られた。でも諦めきれずに会ってた。
彼女は僕に「likeだけどloveじゃない。自分のこと
をlikeになれないのに人を愛することなんて出来ない」
と言って振ったけど、likeだから会ってくれていた。


彼女は10年以上パニック病。彼女に会ったのは僕がうつ病
になる前。出会った頃は彼女も病気のことは何も言わなかった
けど、会って何度も話すうちに彼女がパニック病を抱えている
ことを知った。その後、僕は過労でうつ病になり1年後躁うつ病
になった。


僕がうつ病になってからはお互いに病気の話、悩みを深く
話し続けた。僕は病気のことを彼女以上に話した人はいないし
彼女も同じ事を言っていた。

彼女は狭い空間に人が集まるエスカレータに乗るのを
怖がった。


5年間2人であんなに色んな話をしたのに、なぜ付き合うという
方向に進まなかったんだろうと今日彼女に聞いたら、彼女は病気の
せいで人との強い関わり合いを持ちたくなかったからと言った。
そしてテンションが下がらないように自分を支えるのが精一杯で、
また脳梗塞のお母さんの世話もあり、生きていくのが精一杯で
恋愛をしたいという感情が欠落してしまったと言った。

僕はうつ病と診断されてからこの3年間の間に3人の
女性に告白された。付き合ってはいないけど好きな
彼女がいたから全て断った。これは運命的なものを
感じる。もし彼女がいなかったら3人の中の誰かと
結婚していたかもしれない。
そして今頃、僕の病気で奥さんに心配をかけ、奥さんに心配を
かけることで自分は苦しんでいただろう。だから彼女がいて
良かった。結婚せずにすんだんだから。

疲れた。親友と会ってお酒を飲みまくり、吐き出したい。でも
親友もうつ病でアルコールは飲めない。

いったい何なんだよ。

どいつもこいつも病気で、俺も病気だ。
何でみんな苦しまなきゃいけないんだよ。
日本は豊かな国だろう。毎日の3食食べれるじゃん。
何でこんなに心の病を持った人が増えているんだよ。

俺も病気で健康な人との関わりをさけて生きている。
元同僚でとても仲が良かった10人以上の仲間と
すら軽くしか話せない。すげー寂しいよ。
本当に疲れたよ。悲しいよ。


スポンサーサイト

メンタルヘルス ブログランキングへ

結婚をあきらめた理由

結婚をあきらめたということを書いたり同じ病気を持った人に
話すと「いつも理解してくれる人がいるはず、あきらめるのは
早い」と励ましてくれる人がいます。

何度も書いてますが、躁うつ病は遺伝子の異常が原因で
ストレスはきっかけにしかすぎない。遺伝子の異常が問題
だから一生治ることはないし子供に遺伝する(約10%の確率)。

励ましてくれる人の多くは女性です。

男性と女性の考え方の違いなのかなといつも思います。
結婚したら僕は男として、奥さんをきちんと養い、貧乏を
させないという強い思いを持っています。

例え病気を理解してくれても、再発して働けなくなったら
奥さんに夫婦2人分の稼ぎをお願いしなければなりません。


これが結婚をあきらめた大きな理由の1つです。


奥さんが良い会社に勤めていて稼ぎの良い仕事をしていて、
その仕事を長い間続けていけるなら、僕が働けなくなっても
貧乏な生活をしなくて済むかもしれません。
(残念ながら男女雇用均等法があっても現実的には男性と
女性の出世、給料に違いがあります。だから「稼ぎの良い」
という言葉を上記で使っています。正確には「女性の割に
稼ぎの良い」と言った方がいいかもしれません。)

僕は稼ぎが良いということを基準として結婚相手を探すべき
なのでしょうか?(だいぶ極端な話ですが)

僕は自分が病気だからといって奥さんに養ってもらうつもりは
ありません。これは男としてのプライドです。

逆の場合、すなわち女性が心の病を持っていて、男性が健康
で普通に仕事をしている人なら、男性が女性の病気を理解して
受け止めてくれてきちんとした稼ぎがあれば、少なくとも貧乏
はしなくてすみます。

男性と女性では立場が未だに違います(古い考え方かもしれま
せんが、一般論としては現実を表していると思っています)。






メンタルヘルス ブログランキングへ

結婚について

上記理由で体調が悪いのでしばらくコメントを
お返しするのを控えさせて頂きたいと思います。

結婚について色々なご意見ありがとうございます。

元気になったら改めて考えてみたいと思います。





メンタルヘルス ブログランキングへ

体調が悪い

ちょっと幾つかの理由で体調が大分悪いです。

1.先週の土曜日、好きな彼女とさよならをして精神的
  にテンションが下がった

2.最近毎日夜中に喘息がおきてしまい、喘息は吸入器で
  すぐに治まるのですが、その後寝られなくて睡眠不足
  が続いている

3.体調が悪くなるにつれて会社を休めないというのが
  プレッシャーでストレスになっている(今は
  3ヶ月のリハビリ勤務期間中で、ある程度休むと
  「治っていない」と判断されて再休職になって
  しまい、会社に首を言い渡されるカウントダウン
  が始まる)。

4.上司にお願いして1人で出来る仕事をしていて
  ほとんど人と話さずに仕事が出来ているのですが、
  会社にいる以上、想像もしないところからストレス
  が振ってくる(例えば前に書いた元同僚の自殺を
  メールを斜め読みしていた時に知ってしまったとか)。

復職して約3週間経ちましたが、今が耐え時かもしれません。




メンタルヘルス ブログランキングへ

抗うつ剤を増やしてもらいました。

今日病院に行って抗うつ剤の量を増やしてもらいました。

それから夜中に喘息でおきてから寝られないので、
長く効く睡眠薬をもらってきました。

これで少し体調が戻ればいいなと思います。

好きな彼女にさよならして一週間経ちました。
後悔は全然してません。彼女には幸せな人生を送って
欲しいと心から願うし、僕も病気と上手く付き合いながら
幸せを探していきたいと思っています。





メンタルヘルス ブログランキングへ

今後の目標

とりあえずの目標は論文をあともう1本書いて、会社に
通いながら大学院へ行って、博士号を取ることです。
会社は研究所なので博士号を取ることを奨励している
くらいですから、2足のわらじをはいてもタイミングが
よければ、それほど苦労せずに博士号をとれます。

その後は今は考えてません。


今の研究所に残るのがいいのか分からない。
研究所は完全成果主義。研究能力がないと判断され
れば、どこかの子会社に飛ばされ、なにをやらされ
るか分からない。
僕の同期はもう三分の一しか残っていない。そして
産業医曰く僕の研究所はメンタルな病気の人が他
よりも多いと。やっぱり完全成果主義が負担なのか。

昔は会社からアメリカの大学に留学させてもらうつもり
だったけど、もううつ病による長い休職のため出世街道を
はずれてしまった。

まだ30才半ば。人生はやり直せる。研究者の道を
まっとうすることを諦め、何らかの資格を取るため
に大学に入り直すのも一つの道。

とりあえず今は考える時間が与えられた。幸いなのかも
しれない。





メンタルヘルス ブログランキングへ

人との関わり

昨日、好きな彼女のことを一番詳しく知っていて、
かつ僕の病気のことを知っている女性に無理を言って
食事を一緒にしてもらった。その女性にとっては
いきなりだったのもあって、迷惑だったかもしれないが、
全然迷惑そうな顔をせず真剣に話を聞いてくれた。
とても楽になれた。人と話すことで好きな彼女のこと
をどんどん良い思い出にしていきたい。

ストレス回避のために人との関わり合いを避けている
と以前書いたけども、正確には僕が知らない人
(僕の課に僕が休職中に入ってきた人等)や
知っていても僕の病気について詳しく知らない人
との関わり合いを避けている。

逆に、同じ病気で苦しんでいる人やメンタルな病気に
理解を示してくれる人とは積極的に話をしている。
また仕事環境を整えるために上司にはきちんと話を
していて、最近体調を崩していることも報告した。

1人で出来る仕事をしているから人と話す機会も少ない。
仕事を進めるにはいいのだけれど、集中力が切れて
仕事をする気が無くなる時や、寂しいと思うときが
ある。その時は話を聞いてくれる人々に仕事中にメール
を打って、「話をする時間を作ってもらえないか」と
お願いして、社内の休憩所で話をする。

会社の中で上司以外に病気の話をできるのは3人。
元パニック病の先輩、僕が最も尊敬する元上司、入社当時
から知っている派遣社員の人。

やっぱり面と向かって話すのが一番落ち着く。


社以外の人でも、悩みを聞いてくれる人が何人もいる。

その中にはメンタルな病気を持っている人もいるし、持って
いない人もいる。病気を持っている人とは会って話しをして
悩みを共有したりする。
病気を持っていないけど話を聞いてくれる人にとっては、
躁うつ病の話なんかつまらないと思う。でもみんな嫌な顔する
どころか、「もし悩みがあって私で役に立つならいつでも
言って」と言ってくれる。ありがたい。

社内の人とは同じビル内にいるから頻繁に話はできるが、相手も
仕事があるので長くても30分程度しか話せない。

社外の人とは会う機会が少ないけれど、たくさんの時間話すことが
出来る。

もっと話せる人を増やしたいと思う。


人との悪い関わり合いでストレスが生まれ、また人との良い
関わり合いで気持ちが楽になれる。

人はやっぱり1人じゃ生きていけないと強く最近思う。





メンタルヘルス ブログランキングへ

大学時代の友人

大学の友人で最近会社のいじめにより、うつ病になり
休職している人がいる話を以前書いた。その友人の
会社は小さい会社なので、異動してもいじめをする人か
ら席が離れることはなく、会社を辞める決心をしている。

とりあえず100%給料がもらえる3ヶ月間はゆっくり
休むつもりで、その後に就職活動をしてフルタイムの
仕事を探して転職するか、3ヵ月の後1年3ヶ月間60%
の給料をもらえるので、それで暮らして十分に休息を
とってから就職活動をするか迷っている。


なぜか彼の自宅に就職斡旋業者から求職の書類が届いたそうだ。
こんなことは始めてのことで、病気のことを知っている人は
会社の人と医者と家族と僕くらいなので、会社が彼に辞めて欲しい
ために、就職斡旋業者に連絡したのではないかと二人で
予想した。かなり露骨である。こういう会社もあるのだなと
正直思った。

世の中そんなに甘くない。





メンタルヘルス ブログランキングへ

体調が回復してきた

少しずつ体調が回復してきました。

今までは会社を休むことはなくても、会社でフリーのセキュリティー
対策ソフトを入れて、ひたすらセキュリティーチェックをしたり、
今アフィリエイトで稼いでいる分の確定申告の仕方を調査したり、
ブログネタを考えて、家のメールに送ったり、病気に理解を示して
くれる人と30分くらい話したり、とにかくまともに仕事をして
なかった。

今日午後くらいから仕事にやる気が出てきて某OSのシステム調査
を始めてみました。

とりあえず本論文まではいかないまでも、学会発表くらい出来るネタ
(休職する前に考えていたもの)があるので、そのアイディアを
完成させて、特許を書いて、出来ればシミュレーションをして、
学会発表しようと思う。本当は国際会議に出して、会社の金で
海外旅行したいけど、そんな体力はないので国内で発表する程度に
するつもり。

やる気が出てきた。でも頑張りすぎず、おさえてゆっくりやっていきたい。






メンタルヘルス ブログランキングへ

まだ仕事ができない。

昨日、仕事に対するやる気が出てきたと書きましたが、
今日はやる気がなくなって、また暇つぶしをしてました。

波ですね。この波をいかに小さくするかが課題です。

暇つぶしは探せば幾らでもあるもので、今日はインター
ネットで遊んでました。

こうあと一歩という所までは来ていると思います。
でもあと一歩が遠い。やっぱり仕事するとなるとパワー
が必要ですから、そのパワーがでるテンションまで
上げたいです。

今日帰り際に上司に「まだもう少し仕事に集中できない」と
正直に話しました。上司は「いいよ、あせらなくて。ゆっくり
すればいいよ」と言ってくれました。本当にありがたいです。

早くテンションが上がって欲しい。






メンタルヘルス ブログランキングへ

死にたくなる

心の体調は回復してきて、うつ状態からはほとんど
抜けてきていると思うんだけど、最近マンションの
通路を歩くと、急に飛び降りたくなる。

「でも絶対死なないと決めたし、それに遺書も書いてない」
と思って目をつぶってダッシュで通路を通り抜けエレベータ
へ行く。

実は小学生の頃から自殺願望があった。父親にたくさん
殴られたせいなのか、なんのかよく分からないけど、生きる
ことが苦しかった。また自分に自信が無く、強いコンプレックス
を持っていた。

強いコンプレックスがあったからこそ、頑張れたという良い面も
ある。でも強いコンプレックスは未だに抜けない。

絶対死なない、絶対死なない。






メンタルヘルス ブログランキングへ

上司が病気に理解がある理由

しょっちゅう「上司が病気に対して理解を示してくれている」
と書いていますが、ある意味理解をしめさざろうえない職場
環境です。

僕の課は約15名いますが、僕以外に短時間勤務者1人
(僕と同じように1人で出来る仕事をしているし、様子を
みるとたぶんメンタルな病気)、休職中1人(メンタルな病気)
、うつ病を抱えながら開発の仕事をしつつ必ず定時に帰る後輩1人。

15人中4人がメンタルな病気を抱えている(1人は推測)。

そして僕の上司はメンタルな病気で自殺した元同僚の上司だった
ことがある。

また会社側はあまりにもメンタルな病気になる人が多いので、
管理職のためのメンタルヘルス講座をやっている。

まぁ、普通の人ならこのような状況の中メンタルな病気に理解を
示すだろう。

そして僕は自分の病気について話をして、また時々、体調が悪い
ときは素直に上司に報告している。これは僕の体調というものを
理解してもらうためだ。

産業医は研究所は他のグループ会社と比べて、メンタルな病気に
なる人が多いと言っていた。完全成果主義のせいなのか。

日産に勤めている大学の同期が「ゴーン氏が来てからメンタルな病気に
になる人が急に増えた」ことを教えてくれた。

あきらかに会社の労働環境が病気を生んでいる。
どうにかならないものか?








メンタルヘルス ブログランキングへ

復職直後の自殺

どこかで復職した直後に自殺する人が多いと聞いたことがある。

想像と僕自身の1回目の復職の経験上だがその理由を考えてみた。

複数の産業医の先生に確認したんだけれど、会社を辞めずに元の会社
に戻る場合、「例外を除いて元の部署に戻す」らしい。理由はもし
違う部署に異動した場合「仕事が何も分からない。仕事の同僚は
みんな初対面」という状況になり、いきなりストレスの強い環境に
置かれることになるからとのこと。まぁ、理解できる。

休職して体調が良くなり自信がついて、希望と不安を胸に復職
をする。しかし復職した部署は病気の原因となった部署である。
仕事自体がストレスだったのか、人間関係がストレスだったのか
は理由は色々あると思うが、とにかく病気の原因となった部署。
病気になった環境に戻れば、そこにストレスのもとがあるのだから
環境になじむことは難しい。。そして希望が絶望に変わってしまい、
自分自身の行き場書がなくなり思い詰めて自殺してしまうの
ではないかと思う。

「未知の部署」と「病気の原因となった部署」とどちらが良いのか
僕には分からない。

ただ1番大切なのは「周りが病気に対して理解があること」だと
思う。僕の上司は「仕事進んでる?」とかプレッシャーになるような
ことは決して言わない。仕事の進み具合を報告すると、「もっと
ゆっくりでいいから」と言ってくれる。帰宅時間の15時になると
「ほら15時になったから帰りな」と言ってくれる。

僕の場合、うつ病になって3年以上も経っていて1年9ヶ月ぶりに
復帰したので、今いる部署は「病気の原因となった上司がいなくなり、
病気の原因となった部署にいた先輩後輩がいて、異動してきた知らない
人や新入社員がいる部署」である。
一番の問題である「病気の原因となった上司」がいなくなったのは
嬉しい。しかし知らない人たちと話すことはストレスになるので
そこは極力避けている。






メンタルヘルス ブログランキングへ

1日1日波がある

1日1日波があって、ある日は仕事にやる気が出て
集中できるんだけど、次の日になるともうすぐやる気
がなくなって、インターネットとか信頼できる同僚との
お話とかで、時間を潰してる。

今はうつ状態ではなくなった。でも仕事へのやる気となると
まだ落ち着かない。

やっぱりまだ仕事に慣れてないってことなのか?

別にやる気が出て仕事をした反動で、次の日疲れがでる
と言うわけでもない。

4時間勤務で家に帰って十分に休息できてるから、毎日
疲れなく出勤できる。

難しい。






メンタルヘルス ブログランキングへ

手の指の皮がむけた

ここ1~2週間前位前から、手の指の皮がむけてきて見た目が
ひどい状態になってきたので、皮膚科に行ったところ、
「ストレスによる手の発汗が原因」と言われてしまいました。

最近はうつ状態でもないのに、ストレスが体に表れてきている
というのはちょっとショックでした。

上司に報告したところ、上司からは飛ばしすぎてると見えるようで
(僕はやる気のない日はインターネットで遊んで過ごしてるんだけど)
とにかくリハビリ勤務期間は体を慣らすことをメインに考えるように
言われました。

やる気のある日はバリバリ仕事しちゃうんですよねぇ。昔は
「趣味は?」って聞かれたら胸を張って「仕事です」と答えて
ましたから。やっぱり研究職は自分に向いてる仕事。

でも頑張るわけにもいかない。もどかしいけど体に異変がでるようじゃ
まだまだ。ゆっくり進んでいくしかない。





メンタルヘルス ブログランキングへ

微熱が続く

今週の日曜日の夜から37.3℃くらいの微熱が続いて
落ち着かない。風邪の症状は全くない。咳もでないし
鼻水も出ないし。ただひたすら微熱が続いている。
平熱が36.2℃程度なのでちょっとしただるさがある
感じだけで普通に動くことは出来る。

一応バッファリンを本来1回2錠のところを、微熱なので
1回1錠飲んでるけど、全く効き目無し。

これもストレスなのだろうか?

こんなんで正式に復職できるのか心配になってきた。






メンタルヘルス ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
ブログ内検索
過去ログ +

2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【10件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【8件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【13件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【13件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【27件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【25件】
2013年 11月 【16件】
2013年 10月 【5件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【17件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【10件】
2013年 01月 【9件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【11件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【7件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【13件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【21件】
2008年 08月 【19件】
2008年 07月 【22件】
2008年 06月 【22件】
2008年 05月 【10件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【11件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【14件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【3件】
2007年 10月 【1件】
2007年 08月 【4件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【21件】
2007年 01月 【21件】
2006年 12月 【20件】
2006年 11月 【18件】
2006年 10月 【19件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【11件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【17件】
2006年 04月 【9件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【6件】
2006年 01月 【8件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【7件】
2005年 01月 【18件】
2004年 01月 【1件】

お気に入りリンク
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。